/

この記事は会員限定です

ミサイル防衛、能力向上欠かせず 神保謙・慶応大教授

[有料会員限定]

北朝鮮からグアムまでの距離は3500キロほどある。今回の弾道ミサイルの飛距離は4600キロで明らかにグアムに対する攻撃能力を示すものだ。

北朝鮮の核・ミサイル開発の狙いは米軍への抑止力を形成し、米軍が北朝鮮に対して軍事介入を思いとどまらせることだ。

在韓米軍、在日米軍を狙う短距離・準中距離ミサイルとともに、米軍の前方展開の拠点であるグアムを場合によっては核兵器でたたける能力を保有していると示した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り354文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません