/

赤松氏、消費税減税に反対 コロナ禍でも

 立民の赤松衆院副議長

赤松広隆衆院副議長は5日放送のBSテレ東「NIKKEI 日曜サロン」で、新型コロナウイルス禍での消費税減税に反対する見解を明らかにした。「これからの負担を考えるといったん下げたら戻すのは大変だ」と述べた。

立憲民主党の枝野幸男代表が時限的な減税に言及したのを念頭に「代表に猛反対している」と話した。

赤松氏は立民所属で、次期衆院選には出馬せず政界を引退する。支持率が伸び悩む立民について「(自民党と)対立軸をはっきりさせたほうがいい」と唱えた。具体的な政策対象として脱原発や夫婦別姓などをあげた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン