/

この記事は会員限定です

インフレ加速、回復に影 本社景気討論会

(更新) [有料会員限定]

日本経済新聞社と日本経済研究センターは24日、都内で景気討論会を開き、長引く新型コロナウイルス禍の世界と日本経済について議論した。景気の持ち直しが進む一方で、米欧のインフレ加速や引き締め方向に向かう金融政策がリスク要因になり得ると認識を共有した。脱炭素に向けた官民の積極的な投資が今後の日本経済の成長を担うとの指摘も多く出た。

出席者は旭化成の小堀秀毅社長、三井住友信託銀行の大山一也社長、ニッセイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2154文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン