/

首相、アトキンソン氏と面会 中小の投資喚起巡り協議

菅義偉首相は4日、首相公邸で小西美術工芸社のデービッド・アトキンソン社長とおよそ1時間、面会した。中小企業の成長力を高めるための経済政策について話し合った。アトキンソン氏は中小企業に設備投資や研究開発を促す施策を提言した。

首相公邸外観

アトキンソン氏は政府の成長戦略会議のメンバーの一人で、首相にたびたび提言している。面会後、記者団に「日本の中小企業の設備投資や研究開発の水準が低くなっている。どう喚起するのかを議論した」と説明した。

新型コロナウイルス禍で厳しさを増す飲食店や宿泊業界に関しても協議した。アトキンソン氏は「ワクチンが普及し、コロナが落ち着けば、需要が戻ってくる」との見通しを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン