/

この記事は会員限定です

経済安保で省庁100人超増員 技術流出防止など

[有料会員限定]

政府は経済安全保障政策の強化に向け、中央省庁の定員を100人超の規模で増やす調整に入った。投資審査や技術流出を防ぐ業務にあたる国家公務員の定員増を別枠で扱う。人工知能(AI)など先端分野での米中対立は激しさを増し、日本企業のかかわり方もより複雑になる。人員増強を通じ企業と技術を守る体制を整える。

内閣人事局と国家安全保障局(NSS)が経済安保に携わる省庁の部局の定員を巡っては、2022年度分は通常...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り883文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン