/

首相、宣言解除「判断難しい」 感染症担当参与と面会

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

菅義偉首相は4日、首相公邸で、感染症対策を担当する岡部信彦内閣官房参与と会った。新型コロナウイルスの感染状況を巡り意見交換をした。岡部氏は面会後、記者団に首相が緊急事態宣言を解除する判断が難しいと話していたと明かした。「非常に悩まれているのではないか」と語った。

岡部氏によると首相は現在の感染状況について「数字が下がらない」とも話した。

宣言に準じる「まん延防止等重点措置」の適用を要請する検討に入った自治体も相次ぐ。岡部氏は感染者が増加している地域について「なるべく早めに対策をとった方がいい」と伝えた。首相は「そうですね」と答えたという。

岡部氏は川崎市健康安全研究所の所長を務める。

首相は続いて吉田学新型コロナウイルス感染症対策推進室長らとも協議した。全国の感染状況について報告を受けた。

これらに先立ち、首相はタリーズコーヒージャパン創業者の松田公太クージュー最高経営責任者(CEO)らと公邸で話した。新型コロナウイルスの感染拡大による飲食業の経営への影響に関する説明を聞いた。

松田氏は「飲食業は資金繰りが厳しい。私なりの政策を提案し、首相からは『少し考える』と言っていただいた」と言及した。首相との面会後、記者団に語った。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン