/

この記事は会員限定です

脱炭素へ原発の議論必要 竹中平蔵・元総務相

自民総裁選を語る 有識者編

[有料会員限定]

菅義偉内閣がこの1年で成し遂げた実績は多い。2050年のカーボンニュートラル実現を宣言し、デジタル庁を設置した。携帯電話料金を引き下げ、新型コロナウイルスのワクチン接種を一気に広げた。

こうした成果が十分に評価されず、首相は自民党総裁選への不出馬を表明するに至った。単なる説明不足を超えて2つの理由がある。

第1は医療に関する鉄のトライアングル、いわゆる「厚生ムラ」を崩せなかったことにある。医師会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り723文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン