/

この記事は会員限定です

潜在看護師ら活用で特例 接種業務に復職なら扶養維持

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

厚生労働省は4日、新型コロナウイルスのワクチン接種業務で収入が増えた医療従事者が社会保険制度の扶養から外れない特例措置を設けると発表した。資格があって仕事に就いていない潜在看護師らの復職を後押しし、接種人材を確保しやすくする。

配偶者の被扶養者としてパートなどで働く場合、年収が130万円以上になると年金や健康保険料の支払いが発生する。基準額を超えないよう仕事を抑える人も多い。特例で20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り189文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン