/

この記事は会員限定です

食品供給網も人権対応 農水省、まずガーナに専門家

[有料会員限定]

農林水産省は食品産業のサプライチェーン(供給網)上の人権保護を促す。児童労働などの問題が指摘される西アフリカ・ガーナなどの生産現場に専門家を派遣し、現地の状況を把握する。生産者やサプライヤー向けに研修会を開き、日本が求める品質基準や人権対応が担保できる農家を増やす。

供給網の人権侵害リスクはアパレル企業などで既に問題になっている。政府は取引先の状況を調べる「人権デューデリジェンス」の指針をつくる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り681文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン