/

この記事は会員限定です

優先すべきは成長47%、分配は38% 岸田政権の経済政策

内閣支持率、菅政権から21ポイント上昇 本社世論調査

[有料会員限定]

日本経済新聞社は4、5両日の緊急世論調査で、岸田文雄首相が掲げる「成長と分配の好循環」に関する意識を調べた。国全体の経済力を高める成長戦略と、格差是正につながる分配政策のどちらを優先すべきかを聞くと「成長」が47%「分配」が38%だった。

岸田内閣の支持率は59%で、9月下旬に実施した菅政権で最後の世論調査から21ポイント上昇した。

首相は4日の記者会見で「成長の果実がしっかりと分配されなければ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り975文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン