/

この記事は会員限定です

日米で先端半導体の研究所を 元防衛次官ら有識者提言

[有料会員限定]

米中摩擦で半導体の地政学リスクが増す中、日米連携の強化に向けて先端半導体の研究所をつくるよう民間有識者が提言をまとめた。米戦略国際問題研究所(CSIS)の元東南アジア部門責任者らが設立した米シンクタンクBGAの日本法人と、元防衛次官の西正典氏らが作成した。台湾に供給を頼る現状から脱却するよう求めた。

提言では、スーパーコンピューター「富岳」の技術をもとに半導体を日本で設計し、米インテルなど米半導体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り291文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン