/

この記事は会員限定です

岸田政権、閣僚平均は61.80歳

女性閣僚は3人

[有料会員限定]

岸田文雄首相を含む新内閣の閣僚の平均年齢は61.80歳だった。首相は人事で若手の起用を強調していたが、菅義偉前内閣が発足した際の60.38歳より1歳ほど高い。

若手の抜てきを意識し、当選3回の衆院議員を3人登用した。最年少閣僚は44歳の牧島かれんデジタル相。重点政策にあげる経済安全保障の担当相に46歳の小林鷹之氏を起用した。

60代が最多の12人、50代が5人、40代と70代が2人ずつだった。最...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り252文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン