/

この記事は会員限定です

北方領土交渉、さらに視界不良 ウクライナ緊迫

首相「18年日ロ合意継承し交渉」 

[有料会員限定]

岸田文雄首相は7日、都内で開いた北方領土返還要求全国大会に出席した。安倍晋三政権以降のロシアとのやりとりを継承し「粘り強く交渉を進める」と述べた。対ロ外交を巡ってはウクライナ情勢の緊迫が影響する。日ロ間の領土問題を含む平和条約交渉はさらに視界不良になった。

首相は「2018年以降の首脳間でのやりとりを引き継ぐ」と言明した。

当時の安倍首相とプーチン大統領による18年11月のシンガポール合意に言及...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1418文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン