/

この記事は会員限定です

投資家の警戒感和らぐ 「骨太」決定、政権評価は上昇

(更新) [有料会員限定]

政府がまとめた経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)と「新しい資本主義」実行計画について8社の機関投資家に聞いたところ、人への投資や資産所得の倍増方針を評価する意見が多く出た。「分配重視」を掲げた当初に比べると、岸田政権の経済政策への警戒感が薄れた。機関投資家の支持をつなぎ留めるには、一連の施策の実行力が重要になる。

日本経済新聞社が資産運用会社の担当者や幹部ら機関投資家に調査し、8社から回...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り889文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン