/

発熱外来とは コロナ感染を判断、都道府県ごとに指定

きょうのことば

▼発熱外来 発熱など新型コロナウイルス感染の疑いを示す症状が出た場合に受診する医療機関。都道府県ごとに指定し、PCR検査などで感染有無を判定した上で陽性であれば速やかに保健所などに連絡する。2022年1月26日時点で全国に3万5385カ所あり、24日には全国で14万人以上が受診した。

医療機関ごとに病院名を公表するかどうかが選べるため、公表率は都道府県によって開きがある。発熱外来を実施していても、妊婦や小児には対応していないケースもある。厚生労働省は発熱時にまず「かかりつけ医など身近な医療機関に電話で相談する」よう求め、かかりつけ医がいない場合などは各地の「相談センター」に連絡すると受診可能な医療機関の紹介を受けられる。病院名を公表している医療機関に直接連絡もできる。

2020年の感染拡大当初は、コロナ患者の受け入れや診察を行う医療機関名の公表はあまりされていなかった。風評被害や他の通院・入院患者への影響を懸念したものだったが、現在は症状のある人が迅速に検査を受けられるよう、政府は積極的な公表を求めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン