/

首相表明、与党からねぎらい 立民は「政治空白」批判

記者団の質問に答える自民党の二階俊博幹事長(3日午後、党本部)

菅義偉首相の3日の自民党総裁選への不出馬表明を受け、与野党や地方自治体の首長から反応が相次いだ。自民党の二階俊博幹事長は記者団に「この1年間ずいぶんご活躍なさった。一生懸命に取り組んだのは歴史的にも素晴らしいことだ」と評価した。

安倍晋三前首相は「本当に立派に務めていただいた。感謝している」と強調した。下村博文政調会長も「トップとしての厳しさ、孤独の中での決断に敬意を申し上げたい」と発言した。

突然の表明に、公明党の山口那津男代表は「大変驚いた。全く予想していなかった」と語った。「新型コロナウイルス対応に今まで以上にしっかり取り組むことが大事だ」と言明した。

立憲民主党の枝野幸男代表は新しい首相が決まるまで「政治空白」が生じると批判した。「党内の権力闘争に明け暮れていいのか。自民党に責任を持って対応してほしい」と力説した。

衆院選の情勢に影響するとの見方がある。立民の議員からは「自民党の支持率が上昇する。現状よりも選挙は厳しくなる」との声が聞かれた。

共産党の志位和夫委員長は記者会見で「誰が新しい総裁になっても新しいものは生まれない」と指摘した。国民民主党の玉木雄一郎代表は「緊急事態宣言の中の辞意表明は異常事態だ」とのコメントを発表した。

首相と関係が良好な日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)は記者団に「東京一極ではダメとの考えで一致しており、万博や都市インフラの整備で大きな協力をいただいた」と振り返った。

東京都の小池百合子知事は記者会見で「新型コロナ対策を大胆に進めてきた。大変驚いた」と話した。総裁選については「私には投票権がない。自民党の中で決めることだ」とだけ述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン