/

石破氏、総裁選への出馬検討 「全く新しい展開」

菅義偉首相の退陣表明を受け、自民党の石破茂元幹事長は3日、党総裁選への出馬を検討する考えを示した。「全く新しい展開になった。何が日本、自民党のために取るべき道か、同志とも相談しながら、しかるべき時に結論を出したい」と述べた。

党総裁選への対応を問われ、国会内で記者団の取材に答えた。石破氏はこれまで衆院選前の首相交代に慎重な考えを示してきた。衆院選前に臨時国会を開いて新型コロナウイルス対策に必要な補正予算の編成や法整備を優先すべきだと主張していた。

石破氏は「首相が辞めるのでそういう展開は望めなくなった。状況の一変に伴う判断をしなければいけない」と語った。

総裁選の対応を巡り「白紙」と説明してきた。石破氏は「首相のもとで臨時国会が開けないので、白紙は変わらないが、選択肢が狭まったのは事実としてある」とも強調した。

総裁選への不出馬を決めた首相について「1年間全身全霊で休みなく働いたことに心から敬意を表したい。それに尽きる。大変な決断だったと思う」と話した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン