/

漁船連行、ロシア側に抗議 官房長官「即時釈放を」

記者会見する加藤官房長官(3日午前、首相官邸)

加藤勝信官房長官は3日の記者会見で、ロシアの警備当局による日本漁船の連行を巡りロシア側に抗議したと説明した。漁船は日本の排他的経済水域(EEZ)内で操業していたと明らかにした。「受け入れられない。乗組員の即時釈放を要求している」と述べた。

連行されたのは稚内機船漁協所属の底引き網漁船「第172栄宝丸」。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン