/

この記事は会員限定です

スタートアップ、眠る共有特許使いやすく 政府知財計画

[有料会員限定]

政府は3日、「知的財産推進計画2022」を決定した。大学と大企業が共有する特許を、スタートアップが使いやすくする制度改正の必要性を明記した。眠っている知的財産の活用を促し、先端技術の競争力強化につなげる。権利者が見つけられない著作物の二次利用をしやすくする著作権法の改正も盛り込んだ。

岸田文雄首相は首相官邸で開いた知的財産戦略本部(本部長・岸田首相)で「持続的な経済成長のためには個人やスタートア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り992文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン