/

この記事は会員限定です

支持率下落、解散・人事模索も党内反発で窮地に

菅首相が退陣へ

(更新) [有料会員限定]

菅義偉首相が3日、任期満了に伴う自民党総裁選に出馬しないと表明した。新型コロナウイルスへの対応が後手に回り、内閣支持率が低下していた。首相は党役員人事や総裁選前の衆院解散などで政権の維持を目指したが、党内では支持よりも反発が広がり、窮地に追い込まれていた。

首相は当初、東京パラリンピック閉幕後の9月前半に衆院を解散する戦略を描いていた。ワクチン普及とともに新型コロナの感染拡大を抑えて衆院選に勝ち、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り654文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン