/

この記事は会員限定です

コロナ後「医療費の支払制度の改革を」 井伊雅子氏

コロナ医療の病巣 打開策を問う 一橋大学教授(医療経済学)

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で、日本は人口当たりの病床数が世界で最も多く、欧米より感染者数が桁違いに少ないのに対応病床が不足している。一橋大学の井伊雅子教授(医療経済学)は「改革を先送りしてきた日本の医療制度に原因がある。医療費の支払制度における実効性の高い改革が必要だ」と指摘する。

――日本はなぜコロナ対応病床が増えず、逼迫したのでしょうか。

「病床数も病院数も多いが、医師、看護師などが分散し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1733文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン