/

下村氏、発言は「事実誤認」と訂正 LGBT法案巡り

自民党の下村博文政調会長は3日、性的少数者(LGBT)への理解増進に向けた法案を巡る自身の発言に関して「事実誤認だった。関係の皆様におわび申し上げる」と記した文書を公表した。立憲民主党の安住淳国会対策委員長にも電話で陳謝した。

記者会見する自民党の下村政調会長(2日、党本部)

下村氏は2日の記者会見で「自民、立民両党の国対委員長が話し合い、今国会に提出しないと決めたと報告を受けた」と述べていた。立民の枝野幸男代表が同日、ツイッターで「『合意』という事実はない。自民党から断念するとの通告を受けたにすぎない」と抗議していた。

同法案は超党派の議員連盟がとりまとめ、今国会での成立を目指している。自民党内で「差別は許されない」との文言に異論が相次ぎ、党総務会は了承を見送った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン