/

この記事は会員限定です

RCEP1月発効、経済効果TPP以上 中韓取り込み利点

アジアに巨大な自由貿易圏が誕生へ

(更新) [有料会員限定]

東アジアを中心に日中韓など15カ国が参加する地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が動き出す。日本政府は協定発効に伴う関税撤廃・削減などで部品や素材の輸出が増え、日本の国内総生産(GDP)を約2.7%押し上げる効果があると試算する。経済効果では米国が抜けた環太平洋経済連携協定(TPP)を上回る。

TPPと比べると国有企業改革、環境、労働問題の規定を盛り込んでおらずルールの水準は低めだが、日本にとっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1721文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン