/

立民・枝野氏「私の下で選挙管理内閣を」

立憲民主党の枝野幸男代表は2日の記者会見で、菅内閣不信任決議案の提出時期について、慎重に見極めて最終判断する考えを示した。新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ「明日にでも出したいが、危機の真っただ中にある。政治空白をつくれる状況ではない」と述べた。

同時に、菅内閣が退陣するのが望ましいとし「私の下、少数与党で危機と選挙の管理内閣をつくりたい」と強調。「目の前の危機を乗り越えてから選挙を行う例は各国である」と語った。

菅義偉首相が新設するよう検討を指示した子ども庁に関しては、野党は15年ほど前から必要性を訴えていたと指摘。「今ごろ何を言っているのか。思い付いたような話で具体性を持っていない」と批判した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン