/

この記事は会員限定です

「分配」消え「物価高」6回 岸田首相の所信表明演説

「新しい資本主義」は2回、具体策を前面に

[有料会員限定]

岸田文雄首相の3日の所信表明演説からは「分配」という言葉が消えた。自らの経済政策「新しい資本主義」を用いたのもこれまでの国会演説より少ない2回だった。一方で「物価高」は6回使った。理念的な表現は抑え、足元で具体策を推進する姿勢を前面に出した。

岸田政権は4日で発足から1年で、首相の施政方針や所信表明といった国会演説は今回が4回目だった。

キーワードの登場頻度や特異性などを文字の大きさで示す「ワー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1459文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン