/

維新、国民との連携に意欲 松井氏、議員報酬削減で

日本維新の会代表の松井一郎大阪市長は2日の記者会見で、実現を目指す議員報酬の削減に向けて国民民主党との連携に意欲を示した。関連法案の共同提出を想定しており「協力できるところは協力する。国民民主党と提案できればやりたい」と言及した。

一方で「国会で勢力を持つための足し算は有権者に理解されない」と述べ、衆院で統一会派を組むことには否定的な考えを示した。

国民の玉木雄一郎代表は1日、維新の躍進を受け「協力できるところがあれば、政策が一致する範囲でぜひ取り組んでいきたい」と記者団に語っていた。

松井氏は、衆院選で憲法改正を訴える「改憲勢力」の議席数が国会発議に必要な定数の3分の2を維持した結果を踏まえ、速やかに憲法改正の議論を進め、改正手続きに必要な国民投票を来年の参院選と同日に実施するのが望ましいと主張した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン