/

この記事は会員限定です

思いやり予算、7年で9%増 ピークからは3割減

チャートで読む政治 外交・安保(11)

[有料会員限定]

日本は在日米軍の駐留経費の一部を負担する。基地施設で働く従業員の人件費や光熱水費などに充てており「思いやり予算」と呼ばれる。1999年度の2756億円(歳出ベース)をピークに減少していたものの、2014年度に底打ちして再び増加に転じた。

21年度予算は14年度比9%増の2017億円だった。99年度と比べると3割弱少ない。

米軍駐留経費の日本負担は78年度から始まった。米国の財政悪化や円高・ドル安を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り701文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

チャートで読む政治

議員や政党、選挙などのデータをもとに政治の状況を読み解きます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン