/

この記事は会員限定です

「第2の給与」文通費の謎 日割り支給へ改革の機運

政界Zoom

[有料会員限定]

国会議員の「第2の給与」と呼ばれる文書通信交通滞在費(文通費)の改革の機運が高まる。10月31日投開票の衆院選で初当選した議員に1日の在職で月額の100万円が満額支給され批判が集まった。在職日数による日割りでの支給に改める議論が始まり、領収書の添付を求める声も出てきた。

「文書通信交通滞在費の額がどうにもおかしい」。日本維新の会の小野泰輔衆院議員は11月中旬に自身のブログへ投稿した。

小野氏は衆...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2425文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン