/

この記事は会員限定です

日米、脱炭素・エネ安保で協議体新設へ 8分野で協力

[有料会員限定]

経済産業省と米エネルギー省は脱炭素とエネルギー安全保障の両立につながる8分野で協力を強化するため、新たな協議体を設置する方向で調整に入った。ロシアによるウクライナ侵攻を受け、エネルギーのロシア依存度を下げるためにも化石燃料の利用を減らす必要性が高まった。再生可能エネルギーや水素、原子力といったクリーンエネルギーへの移行を急ぐ。

訪米中の萩生田光一経産相とグランホルム・エネルギー長官が4日に会談す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り660文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン