/

変異ウイルス呼称に地名使わず 政府、WHO方針踏襲

 英国に由来する新型コロナウイルスの変異株の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

政府は2日、新型コロナウイルスの変異ウイルスの名称について、今後はギリシャ文字のアルファベットを用いると発表した。これまでは最初に確認された国名で表現していた。世界保健機関(WHO)の方針にのっとった対応で、特定の国に対する偏見や風評被害を防ぐのが理由としている。

今後はそれぞれ英国型を「アルファ」、南アフリカ型を「ベータ」、ブラジル型を「ガンマ」、インド型を「デルタ」と呼ぶ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン