/

この記事は会員限定です

ネット通販の利用率、24年にも8割へ 内閣府試算

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍でインターネット通販の利用が広がっている。国内の普及率は今年6月時点で51.3%となり半数を超える人が利用する。内閣府はいまの勢いが続けば2024年にも米欧並みの8割に達すると試算する。

内閣府が20歳以上の人を対象に、一度でも電子商取引(EC)を利用したことがある人の比率を算出した。21年の普及率は17年比で8.3ポイント上昇。コロナ禍で外出自粛を余儀なくされ、対面での消費...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り632文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン