/

デジタル庁、入札制限の検討会 民間登用で便宜供与防止 

夏に結論

9月に発足するデジタル庁の入札制限に関する有識者検討会が2日、初会合を開いた。同庁は100人超の民間人材を採用する。社員を派遣した企業が受注しやすくするなどの便宜供与を防ぐ仕組みを設ける。

検討会は複数回開き、夏のうちに中間取りまとめを予定する。ルールの策定には外国政府の例なども参考にする。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン