/

国際線の停止要請「報告受けず」 国交相が陳謝

日本に到着する全国際線の新規予約の停止要請を国土交通省が撤回したことを受けて斉藤鉄夫国交相は2日、「国民の皆さまに大きな混乱を与えてしまった。責任者として大変申し訳ない」と陳謝した。11月29日付で国内外の航空会社に要請を出した経緯についてはその時点で「報告を受けていなかった」と明らかにした。

政府は11月29日、新型コロナウイルスの新たな変異型「オミクロン型」の水際対策を決めた。1日あたり入国者数の上限について12月1日から5000人を3500人に減らすことなどを盛り込んだ。これを踏まえ国交省航空局が緊急避難的に各航空会社に予約停止を要請。斉藤氏や首相官邸には12月1日夕方に事後報告したという。

斉藤氏は同省で記者団に「(要請は)少し荒っぽい方針だった。邦人の年末年始の帰国需要に対してもう少しきめ細かな配慮をすべきだった」と述べた。今後の予約受け付けについては「週や曜日によってまだ余裕がある」として予約状況や需要動向に応じて対応する方針を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン