/

この記事は会員限定です

乳がん検査、超音波「併用」広がる 有用性示す研究も

[有料会員限定]

乳がん検診で超音波検査が再び脚光を浴びている。日本人向けに有用性が高いことが最新の研究で示された。現在マンモグラフィー(乳房X線撮影検査)が基本だが、医療現場では2検査の併用を促す動きも広がる。まだ検査による死亡率低下の科学的根拠(エビデンス)が十分集まっていないほか、検査費用などの課題もある。

東北大大学院の研究チームは8月、マンモグラフィーで捉えられなかった乳がんを検出するには超音波検査が「有...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1915文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン