/

この記事は会員限定です

静岡・京都・鹿児島・・・茶産地の議員、輸出など後押し

自民・立民に振興議連

[有料会員限定]

「肥料の値上がりが異常だ。食料安全保障でも議論しているが対応しないと大変だ」。自民党の森山裕総務会長代行は6月3日、同党の茶業振興議員連盟の会合で力説した。一番茶の価格が発表されたのを受け開いた場で茶業を取り巻く環境に関する指摘が相次いだ。

茶業は担い手の高齢化や後継者不足、急須など茶葉でいれるリーフ茶の需要の低迷など厳しい状況が続く。新型コロナウイルス禍の外食産業の打撃、肥料の価格高騰や輸入先...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り991文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン