/

米国「北朝鮮と対話を」 ミサイルで日米韓次官級が電話

日本、米国、韓国の政府は2日、北朝鮮によるミサイル発射を受け次官級で電話協議した。米国務省によると、出席したシャーマン国務副長官は北朝鮮の非核化を進めるため「米国が真剣に対話する用意がある」と強調した。

日本から森健良外務次官、韓国からは崔鍾建(チェ・ジョンゴン)外務第1次官が参加した。北朝鮮に国連安全保障理事会の決議を完全に履行するよう求めると確認した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン