/

著作権とは 知的財産権の一種、二次利用には許諾が必要

きょうのことば

▼著作権 小説や絵画、音楽、写真、彫刻などの著作物を作った人に対し、法律で与える権利で、知的財産権の一種。国に登録しなくても創作時点で自動的に付与される。権利者となる個人や企業は複製や出版、上映などを独占できる。他者が二次的に利用するには、権利者の許諾がいる。著作権に関するルールは1970年制定の「著作権法」が規定する。

最近ではインターネットで誰もが簡単に著作物をつくれるようになったほか、過去のテレビ番組の映像や音楽などが繰り返し複製され不特定多数に発信されるケースも増えてきた。仮想現実(VR)や拡張現実(AR)などが登場し、既存コンテンツをデジタル化して再利用する需要も膨らんできている。

著作者が見つからない場合、文化庁長官が権利者に代わって許可する「裁定制度」がある。ただ、ネット検索や広告での呼びかけなど権利者を捜す「相当な努力」が求められハードルが高い。著作物の二次利用をめぐって手続きの簡素化が求められている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

企業の競争力の源泉となる知的財産権。技術やブランドなど目に見えない資産を侵害から守る権利で、特許法など複数の法律で特許権・商標権などが定められています。最新のニュースをお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン