/

この記事は会員限定です

「誰でも発信」時代 著作権制度の見直し迫る

[有料会員限定]

政府がインターネット上の著作物を二次利用しやすくする背景には、個人が誰でもネットで発信できる時代になったことがある。今や消費者はネット上にある動画や写真などデジタルコンテンツを日常的に活用しながら情報を流している。

良質なコンテンツが新たなコンテンツを生む好循環をつくるには、コンテンツを手軽に二次利用できると同時に、作り手の権利も守られる必要がある。だが現状は必ずしも十分ではない。

ネット上にあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り566文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン