/

首相、トヨタ社長と面会 自動運転・電動化で協力を確認

岸田文雄首相は2日、首相官邸でトヨタ自動車の豊田章男社長と面会した。自動運転や自動車の電動化といった技術開発について意見交換し自動車業界と政府との協力を確認した。豊田氏は日本自動車工業会の会長も務めており賃上げに関しても話し合った。

同氏は面会後、記者団に「自動車業界もやるべきことをやる。日本がより競争力をあげていくための連携は取れる」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン