/

この記事は会員限定です

「市民参加型の統治、スタンダードに」兵庫・加古川市長

2030 Game Change 私の見方(2)政策

[有料会員限定]

格差や貧困が広がり、デジタル化やグローバル化で価値観も多様化する中、統治のあり方が問い直されている。政府と市民がどう連携し、どんな仕組みをつくるのが理想なのか。兵庫県加古川市の岡田康裕市長、東京大学の柳川範之教授に聞いた。

加古川市長 岡田康裕氏

――スペイン発の市民参加型の政策決定ツール「デシディム」を2020年に導入しました。

「長年の課題だった若い世代の政治参加を促したかった。財政や環境問...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1461文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

2030 Game Change

世の中が前例のないスピードで変化するなか、これまで積み上げてきたルールや前提が崩れ始めた。企業や市場、国と政策、さらには主義主張まで、過去の延長線に沿ったやり方はもはや通用しない。これからの10年で起こりうる大変革に我々はどう立ち向かうのか。未来を探る。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

速報

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン