/

インド太平洋の海保で協力 日マレーシア首脳が電話

岸田文雄首相は2日、マレーシアのイスマイルサブリ首相と電話で協議した。日本が掲げる「自由で開かれたインド太平洋」の実現へ海上保安能力の強化などで協力を進めたいと述べた。中国が進出を強める東・南シナ海を巡り「一方的な現状変更の試みに強く反対する」と伝えた。

日本政府は安倍晋三元首相を政府特使として12月上旬にマレーシアへ派遣する計画を見送った。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の感染拡大を受けて判断した。感染の状況を見極めて安倍氏の訪問を再調整する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン