/

この記事は会員限定です

官房長官、辺野古移設「着実に進める」 名護市長と会談

(更新) [有料会員限定]

沖縄県を訪問中の松野博一官房長官は3日、名護市役所で同市の渡具知武豊市長と協議した。政府は同市辺野古への米軍普天間基地(同県宜野湾市)の移設計画を進めている。松野氏は「普天間基地の一日も早い全面返還を実現すべく移設に向けた工事を着実に進めていきたい」と伝えた。

渡具知氏は1月の市長選で与党の自民、公明両党の推薦を受けて再選した。辺野古移設に反対する玉城デニー知事が推す候補を破った。

松野氏は沖縄...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り329文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン