/

この記事は会員限定です

長期ビザの発給再開検討 政府、ビジネス対象に緩和

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

政府が新型コロナウイルスの水際対策の緩和に徐々に動き出す。ワクチンの普及に伴う国際社会の流れに歩調を合わせる。ビジネス目的で長期滞在する外国人が新規入国する際の査証(ビザ)に関し発給再開の検討に入る。

週内にも緩和策を発表し早ければ週明けから運用を始める。①ビジネス目的などの新規入国者の受け入れ②ワクチン接種者の入国後の待機措置の緩和――を柱とする。今年1月以降、海外での変異ウイルスの感染拡大を踏まえ制限を強化していた。

経済活動の再開に向けてビジネス往来を中心に段階的に要件を緩める。国内で新型コロナの感染状況が悪化すれば直ちに規制を再強化する。

新規入国者については受け入れ企業や団体による入国者の行動管理を条件とする。長期のビジネス滞在の仕組みは経営...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1310文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン