/

この記事は会員限定です

総裁選勝利なら任期満了前の衆院選困難 岸田氏に聞く

「国民への必要な発信」優先

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

自民党総裁選に出馬表明した岸田文雄前政調会長は2日、日本経済新聞のインタビューに答えた。自身が総裁選で勝った場合、衆院議員の任期が満了する10月21日までに衆院選の投開票を終えるのは難しいとの認識を示した。その場合は11月の投開票が軸になるとみられる。

岸田氏は「(臨時国会を開いて)首相指名を受けて組閣するだけではなく、国民に向けて自分の思いをしっかりと明らかにし、野党の質問も受けた上で選挙に臨む...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1498文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン