/

オマーン沖タンカー攻撃「断固非難」 官房長官

加藤勝信官房長官は2日の記者会見で、中東オマーン沖で7月末に起きたイスラエル系企業が運航するタンカーへの攻撃を「断固非難する」と述べた。「船舶の自由な航行を阻害する事案だ」と指摘した。

中東地域の平和は日本の安定的な原油調達に欠かせないとも強調し「積極的な外交努力を継続したい」と話した。攻撃を受けたタンカーは日本企業が船主とされ、英国人とルーマニア人の乗組員2人が死亡した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン