/

岸田首相、物価高要因「ほとんどはウクライナ侵略」

岸田文雄首相は2日、物価高をめぐり野党の一部から「岸田インフレ」などと指摘する声が出ていることに反論した。「指摘はあたらない」と強調した。6月15日の記者会見で指名されなかった報道機関の質問に書面で回答した。

首相は物価高の要因は「為替の影響もあるが、ほとんどはロシアによるウクライナ侵略がもたらした世界的なエネルギー価格や食料価格等の上昇によるものだ」と回答した。

消費税率の引き下げに関しては「社会保障の安定財源と位置付けられていることから、減税は考えていない」と答えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン