/

この記事は会員限定です

Appleの調査終結へ、公取委 決済制限の一部緩和で

(更新) [有料会員限定]

公正取引委員会は2日、米アップルによるデジタルコンテンツ購入での決済手段制限について、同社への調査を終結すると発表した。独占禁止法違反(私的独占、拘束条件付き取引)の疑いがあると判断したものの、同社が2022年に制限を緩和することを申し出たため、違反は解消されると判断した。

公取委の藤本哲也審査局長は「アップル指定以外の課金方法を活用できるようになる。デジタルコンテンツの価格低下にもつながる」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り681文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン