/

この記事は会員限定です

後発薬、欠品メーカーに新製品停止の罰則 安定供給促す

[有料会員限定]

厚生労働省はジェネリック医薬品(後発薬)を巡り、品質問題や供給トラブルで品薄になっていることを受け、供給不足を生じさせたメーカーへの罰則を新設する。品質問題などにより薬の欠品が生じた場合、1年程度はそのメーカーは後発薬の新製品の販売が事実上、できなくなる。安定供給できる体制づくりの徹底を求め、低下した後発薬への信頼回復を目指す。

後発薬を巡っては、業界大手の日医工や小林化工(福井県あわら市)での品質問題...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り949文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン