/

この記事は会員限定です

WTO改革、有志国主導で再起動 サービス業ルール採択

[有料会員限定]

日欧など有志国主導で世界貿易機関(WTO)改革の再起動をめざす動きが強まってきた。日米欧や中国、ブラジルなど67カ国・地域は2日、サービス業の許認可手続きの透明性を高める統一ルールの導入で合意した。環境や産業補助金などでも同様の枠組みを模索する。全会一致にこだわらず国際ルールづくりを実質的に進める狙いだが、実効性に課題も残る。

スイスのジュネーブで開く予定だったWTO閣僚会議は新型コロナウイルス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1218文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン