/

中央省庁の働き方改革、内閣人事局と人事院が連絡会議

中央省庁の国家公務員の働き方改革へ、内閣人事局と人事院が2日、初めての連絡会議を開いた。長時間労働などを背景に若手職員の離職や志望者の減少が深刻になってあおり、対策をさぐる。

河野氏は「大きな効果を上げるためもっと協力しながらやならいといけない」と連絡会議の狙いを説明した。今後も定期的に開き、優秀な人材の確保へ残業の是正などを議論する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン